肝臓に良い影響を与える生活習慣について

肝臓は病気にかかってもなかなか症状がでにくい、
沈黙の臓器と言われているんです。
そして、症状がでてしまうと
病気は進行していて、手遅れの場合が多いんです。
そうなるまえに、肝臓の病気の予防をしていきましょう。
生活習慣をみなおしていくだけで、予防はできるんです。

 

○肝臓によい生活習慣とは?

 

「食事を見直そう」
▼食事で改善
現代の医療では、肝臓の病気の治療でよいとされているのが、
食事なんです。
この食事を見直すことで、
肝臓の働きが高まり、病気の改善、予防につながります。

 

▼肝臓によい食事
では、肝臓によい食事とは何なのでしょう。
基本的に、食事をバランスよくたべることが大切です。
たんぱく質、ビタミン、ミネラルをバランスよくとりましょう。
このなかでも、ビタミンB郡は肝臓にとってよい成分です。
また、規則的な食事の時間もたいせつです。

 

▼食事の時間も気にしよう
食事の時間、量も
肝臓をよくするためには気にして欲しいところです。
その中でも、一番重要なのが
朝食をしっかり食べることです。
朝食が苦手な方もいると思いますが、
この朝食を抜くと言うことは、午前中に使いたいエネルギーが
肝臓に溜められていたエネルギーから使われることになり、
肝臓に負担をかけてしまうことになります。
また、朝食を抜くことで、バランスの悪い食事になります。

 

朝食が食べれない方は、夕食が夜遅かったり、
脂っこすぎたり、消化されにくい食事だったりとゆうことが多いんです、。
このような夕食だと、消化されにくくなり、
朝までのこってしまい、朝食が食べれなくなるんです。
一度、夕食を見直してみることも大切です。

 

▼薬も注意
薬の飲みすぎも、肝臓に負担をかけてしまう原因になるんです。
薬は、肝臓で処理されるからです。
その中でも、抗生物質、鎮痛剤、糖尿病の薬は
特に肝臓に負担をあたえてしまいます。
ですので、薬を飲む際は自己判断は極力避け、
医師に処方された薬を飲むようにしましょう。

 

▼お酒の注意
お酒の飲みすぎは、
体全体に負担をかけてしますね。
もちろん、肝臓にもです。
ですが、お酒は飲みすぎなければ体に害はあたえません。
一日の、お酒の量をおさえて、
時には、お酒を飲まない日などを作ってあげるといいですよ。

 

 

総ビリルビンの情報に詳しいサイトを載せておきます。
詳細は下記からどうぞ
→総ビリルビンを下げる為に必要な方法・手段について

更新履歴