今だからこそ知っておくべき肝脂肪の症状

脂肪肝とは、
食べ過ぎや、飲み過ぎで
肝臓に中性脂肪がたくさんついてしまうことで起こる病気です。
生活習慣病や、動脈硬化の原因になります。
30〜40歳の方に注意が必要な脂肪肝です。

 

 

○脂肪肝
脂肪は、脂肪酸になり、肝臓へと送られますが、
脂肪酸が増えすぎてしまうと、
脂肪酸から発生する中性脂肪が肝臓に蓄えられてしまいます。
これは、脂っこいものだけを想像しがちですが、
お酒の飲みすぎでも中性脂肪が増える原因となります。
そして、肝臓にある脂肪は健康な人でも、
3パーセント、5パーセントはあります。
ですが、5パーセントを超えてしまうと、脂肪肝となります。
いわゆる、肝臓の肥満症です。
どんな肥満症かというと、
脂肪肝の人の肝臓は、大半が中性脂肪におおいつくされているそうです。

 

そして、脂肪肝は男性のほうが割合が多く、
30〜70歳の方に多くみられます。
そして、特に女性も男性も多く見られるのが、
40歳前後になります。

 

また、アルコール性の脂肪肝は、
肝硬変にもなりうるので危険です。

 

 

▼脂肪肝、症状
症状はほとんどなく、
自覚症状がないまま進行してしまうことがおおいです。
脂肪肝だけでなく、肝臓の病気すべてにいわれることです。
それは、肝臓が
再生能力、代償能力にすぐれているため、
一部がダメージにあっても、ほかの細胞が余計に働いて、
おぎなおうとするからなんです。
これにより、痛みなどの症状がでにくく、
症状がではじめたときには、かなり病気が進んでいることが多いです。
では、どのようにして早期発見するかというと、
定期的に血液検査や、尿検査などをうけ
肝臓の異常を知らせる数値を確認することが大切です。
肝臓の異常がないかを知らせてくれる数値が、
総ビリルビンという数値になるので
注意して、見てみてはいかがでしょうか?

その日の、体調などにもよって数値がかわってきたりもするので、
気になった際には、すぐに医師に相談し
はやめに、肝臓の異常に気づいてあげましょう。

関連ページ

原因及び予防情報
こちらでは肝臓の機能を生活習慣という側面から改善を図るために重要な食生活・運動・睡眠などのジャンルに絞って、病気別に解説しています!