なってからでは遅い!脂肪肝の予防法!

 

脂肪肝の原因をしっかり理解することで、
脂肪肝の予防につながります。
今回は、原因とその予防についてまとめてみました。

 

○脂肪肝の原因とは…
脂肪肝の原因とは、
「食べすぎ、飲みすぎ、運動不足、無理なダイエット、肥満」
これらのことが、原因にあげあれます。
なぜかというと、
中性脂肪が肝臓に蓄えられることで脂肪肝になってしまいますよね。
この中性脂肪がたまってしまう原因が、上に書かせてもらった
生活習慣で、おきてしまうからなんです。
脂質、糖質を取りすぎていたり、
さらに、運動不足になることで、脂肪酸、ブドウ糖のエネルギーが
たまりすぎて、中性脂肪になって肝臓にたまってしまのです。
お酒の飲みすぎも、
アルコールが中性脂肪と合成されやすい成分なので、
中性脂肪が肝臓に蓄えられてしまう原因になります。
そして、気になる方が多いはず、無理なダイエットで
なぜ脂肪肝の原因になるのかというと、

無理なダイエットと言えば、食事制限ですよね。
これが、極端すぎると低栄養性脂肪肝になってしまうことがあるからなんです。

 

○では脂肪肝を予防するには
脂肪肝は、もちろん予防する方法があります。
そして、改善だってできるんです。
▼食事を低脂肪、低カロリーに
食べすぎは、脂肪肝の敵です。
食べすぎのかたは、はじめに食事を一度見直してください。
それに、低脂肪、低カロリーで
脂肪肝の敵の、脂肪、脂質を減らしましょう。
そして、バランスの整った食事が大切ですよ。

 

▼アルコールは控えめに
アルコールは飲みすぎなければ、体に良いものとなりますが、
飲みすぎてしまうことで、体に害をもたらいます。
そして、脂肪肝もアルコールの飲みすぎで
悪化してしまうのです。
アルコールの量を見直しましょう。

 

▼適度な運動を
肥満は、脂肪肝の敵です。
なので、毎日運動をするなど健康的な生活習慣をみにつけましょう。
そして、毎日の運動によって
中性脂肪は減少していきます。
また、運動すると
肝臓の機能を高めてくれる成分が増えるんですよ。

 

これらのことから、肝臓は
生活習慣を少し見直してみることで、
より、機能を高め病気のリスクが減っていくんです。

関連ページ

概要と症状等
こちらでは肝臓の機能を生活習慣という側面から改善を図るために重要な食生活・運動・睡眠などのジャンルに絞って、病気別に解説しています!