ウイルス性肝炎の撃退・予防法はこれだ!

ウイルス性肝炎に感染してしまう原因これを理解することで、
感染を予防することができます。

 

○ウイルス性肝炎の主な原因

 

「A型肝炎」
▼原因
A型肝炎のウイルスは、糞便にいる場合が多く、
このウイルスがいる糞便が口に入ってしまうことで、
経口感染、水平感染してしまいます。
ウイルスがついてしまった、手で食べ物を食べたり、
食べ物、水にウイルスがついてしまっていることが原因です。

 

「B型肝炎」
▼原因
B型肝炎に感染してしまっている人の血液が、
なんらかの接触などで、傷口から入ってしまうことで感染します。
これを、血液媒介型感染といい、
母子感染や、性交感染などもあります。

 

「C型肝炎」
▼原因
C型肝炎の原因は、問題視されていましたね。
C型肝炎の血液を、輸血されたために感染してしまいます。
ですが、今現在はしっかりと問題視され改善されたため、
まず感染はおこらないとされています。
血液媒介型感染といいます。

 

「E型肝炎」
▼原因
経口感染、水平感染で感染します。
A型肝炎と同じ経路で感染してしまいます。

 

○では、ウイルス性肝炎の予防法は?

 

「A型肝炎、E型肝炎」
▼食品の注意
衛生環境が良いところを心がけましょう。
そして、食品を調理するときは、加熱は十分におこない、
しっかりと、洗うことも大切です。
▼排泄のケアの注意
排泄のケアを行う場合などは、
手洗いをしっかりとする前後に行うことが大切です。

 

「B型肝炎、C型肝炎」
直接他人の血液には触れないようにしましょう。
そして、血液からの感染だけでなく
排泄物や、分泌物からも感染してしまいます。
これらのものにも、血液が付着している場合があるからです。
直接触れるのはさけてください。
▼手袋をつける
血液や、排泄物、分泌物に触れるときは、
手袋を準備し付けるようにしましょう。
直接触れないことが大切です。
▼個人で使用するもの
血液がついてしまう可能性がある、剃刀や、歯ブラシは
個人個人でつかいましょう。
▼排泄のケア
排泄のケアを行うときは、
前後の手洗いを忘れずに行いましょう。

関連ページ

概要と症状詳細
こちらでは肝臓の機能を生活習慣という側面から改善を図るために重要な食生活・運動・睡眠などのジャンルに絞って、病気別に解説しています!